不妊治療にベストな 病院は口コミで探そう!

医者

男性不妊の原因の一つ

男の人

検査を受けてわかること

長い間、日本では子供が授からないのは女性側に原因があるとされ、つらい思いをしてきた女性はとても多くいます。しかし近年、不妊の原因は女性だけではなく、その半分の確率で男性側にも原因があることがわかってきました。妊娠しやすい体つくりや環境を整えることは、女性だけが行っても効果が薄く、男性も一緒に取り組むべきことなのです。それは不妊治療も同じで、女性ばかりが検査や治療を受けても意味がなく、必ず夫婦二人が検査を行って原因を追究しなければなりません。男性の不妊の原因には、精子無力症や乏精子症、精索静脈瘤、それから勃起不全や無精子症などさまざまな原因があります。男性不妊の主な原因は精子の量や運動量などが関わっています。

あきらめることはない

精子無力症は精子の運動量がとても少なく、活発な精子が少ない状態です。乏精子症では、精子の数が一般数値よりも極端に少なく、数が少ないことで妊娠につながりにくいと言う症状です。そして、無精子症では、精液の中に精子の運動率が極端に低下している場合や、精子がみつからないという症状です。無精子症は男性不妊の最大級の困難な症状といえます。しかし、無精子症と診断を受けたからと言って、妊娠しないというわけではありません。適切な治療や処置により妊娠の可能性はあります。無精子症でも、精管が閉塞していることが原因のものと、精子をつくる機能に問題がある場合があります。精管が閉塞している場合は通りをよくする処置を行うことが出来ます。精巣から精子を取り出し、顕微授精を行う事で妊娠が可能です。